雪が降らなくとも、最低気温が5度以下になったらスタッドレスタイヤに!

公開日:Posted in コラム by

ちなみにヨーロッパで主流のオールシーズンタイヤは、夏タイヤとスタッドレスタイヤの中間の性質を持っており、低い気温であっても夏タイヤほどグリップを失いませんが、スタッドレスタイヤほどの食いつきは発揮しないようです。

▲ぬかるみを走破し続けるオフロード用タイヤは、スタッドレスタイヤの吸水性と排水性、夏タイヤの温度域と耐久性の、両技術が盛り込まれている

先のタイヤがグリップを失った件は、走行していたのが山間部であり、気温と路面温度が低くなってゴムが著しく柔軟性を失っていた。くわえて路面が濡れて滑りやすかったため、起こってしまったのでしょう。

夏タイヤからスタッドレスタイヤへの切り替えは、「雪が降ったら替える」のではなく「最低気温が5度を下回る日がきたら替える」という認識でいた方がいいようです。

[ライター・画像/糸井賢一]

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:糸井 賢一

ゲーム雑誌の編集からフリーランスに転身。雑誌やWEBサイトの記事以外に、ティーン向けノベルや児童書も...