雪が降らなくとも、最低気温が5度以下になったらスタッドレスタイヤに!

公開日:Posted in コラム by

気温0度で夏タイヤはカッチカチ!

ここからは後日のお話になります。当時の事故について、なんだかモヤモヤした気持ちを長いこと抱えていたため、解消すべくタイヤについて調べます。そして大きな勘違いをしていたことに気付きました。スタッドレスタイヤは低い気温や低い路面温度でも柔軟性を失わないタイヤであること。雪や氷上に強いのは、タイヤの素材やサイプ(細い溝)で吸水性と排水性を高め、溶けた雪や氷の下にあるグリップ可能な雪や氷、アスファルトにゴムを接触させ、食いつかせることができるため。一方、夏タイヤは低い気温や低い路面温度にさらされると極端に柔軟性を失い、雪や氷上にできる水の層を排水できずグリップを失うタイヤだったんですね。

タイヤの主な材質はもちろんゴムで、ゴムの粘りでアスファルトに食いつかせ、摩耗することと引き替えにグリップを発生しています。ゴムには性能を発揮できる温度域があり、この域を外れて冷えると硬くなって食いつきが悪くなる。逆に高くなると食いつきすぎて摩耗が早くなり、転がり抵抗も増えて燃費も悪くなるそうです。

現在、日本の夏は気温が35度以上になる日も珍しくありません。炎天下にあるアスファルト上の温度は50度を越えます。一方、冬の夜は平野部でも気温が氷点下にまで下がり、山間部や北陸以北では氷点下10度以下にまで下がります。将来的にはこの幅広い気温差、あるいはアスファルトの温度差全域に対応できるゴムが開発されるかもしれません。しかし現状、そこまでの性能を持たせることはできていません。夏タイヤのゴムは気温20度を下回ると徐々にゴムが硬くなり、これに伴いグリップ力も低下。10~5度ほどでスタッドレスタイヤとほぼ同等のグリップ力となり、5度以下になるとスタッドレスタイヤを下回ります。

逆にスタッドレスタイヤは10度をこえてもグリップ力を失うことはありませんが、先も記したように摩耗が早くなり、走行時の抵抗が大きくなるなど経済性に関わる性能が著しく低下します。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:糸井 賢一

ゲーム雑誌の編集からフリーランスに転身。雑誌やWEBサイトの記事以外に、ティーン向けノベルや児童書も...