もはやポルシェ 911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

公開日:Posted in コラム by

ポルシェをベースにしたコンプリートカー製作で知られるメーカーがドイツのRUF Automobile。2017年には “イエローバード” の別名で知られるルーフ CTRの誕生30周年記念として、CTR 2017を発表したのは記憶に新しいところ。そんなルーフ(RUF)の2018年の新作が、SCR 2018です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

SCR 2018は、伝統的なポルシェ 911のフォルムをまとっているものの、中身はまったくの別物。CTR 2017と同じ完全自社設計のシャシーに自然吸気エンジンを搭載し、6速マニュアルトランスミッションを組み合わせたモデルです。

今回は2018年のジュネーブ・モーターショーで、創業者のアロイス・ルーフ氏が自ら発表したSCR 2018のディテールを紹介。さらにCTR 2017との比較、そして2016年に発表したプロトタイプのSCR 4.2についてもご紹介します。

40年前の1978年に登場した初代SCR

SCRとは “Sports Carrera RUF” の略で、ルーフ社が1978年に当時のポルシェ 911 SCをベースに製作したコンプリートカーがルーツ。初代SCR 3.2では217 psを発揮する3.2リッター・フラット6エンジンを搭載し、車重は1100 kg。フロントにはオイルクーラーとブレーキ冷却ダクトを設けたスポイラー、リアにはホエールテール・スポイラーを装備して、ボディカラーはルーフのイメージカラーであるグリーンに塗られていました。ドイツの「Auto Motor und Sport」誌が当時行ったテストでは、0-100 km/h加速5.7秒、最高速度は255.3 km/hを記録しています。

2016年に登場した964ルックのSCR 4.2

初代SCRの誕生から38年後となる、2016年のジュネーブ・モーターショーで発表されたモデルがSCR 4.2です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

一見すると964世代のポルシェ 911をベースにしているように見えますが、ベース車両はタイプ993のポルシェ 911。高速走行時の走行安定性を高めるため、ホイールベースは70 mm延長されて2342 mmとなっています。エンジンは同社のRGT 4.2と同じ水冷4.2リッター・フラット6で、最高出力525 ps、最大トルク500 Nmを発揮。トランスミッションは6速マニュアルで、駆動方式は伝統的な後輪駆動を採用。車重1190 kgという軽量な車体により、最高速度は322 km/hに達します。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

ポルシェ 911の古典的な走行感覚を最新テクノロジーでアップデートしたSCR 4.2は、PDKやターボエンジンが当たり前となった現代のポルシェ 911に対するアンチテーゼともいえるモデルでした。

車体構造を一新したルーフ SCR 2018

そしてSCRの最新作がSCR 2018。自社設計のカーボンファイバー製モノコックを採用し、ポルシェ 911とは一線を画した設計が最大の特徴です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...