2度にわたる実際の豪雨経験。そして自然災害時のクルマのこと

公開日:Posted in コラム by

この度は西日本を中心に、甚大なる水害被害を受けた皆様にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興お祈り申し上げます。

今回は自然災害とクルマについてお話ししようかと思います。実はかくいう筆者自身も、1991年と2000年の東海集中豪雨に被災し10年で二度も自宅が浸水するという経験をしています。

1991年の時は自宅の床上30cmほどが水につかり、当時買って半年ほどしか経っていない母のオートザムキャロルが廃車になってしまいました。水が引くと町のあちこちに水没したクルマが放置され、近所の自動車販売店は商品車が全滅という有り様でした。当時はまだ下水化されておらず、水洗トイレも浄化槽式でした。周囲は水田も多く水は昼間のうちに引いたのですがしばらくは汚水の臭いが残り、その後数年間は真夏になるとムワっとした汚水の臭いに悩まされたものでした。幸い、インフラに関しては電話と電気ガスと水道(水質の安全が確認できるまで飲用はしないでほしいという通達あり)すべて止まることが無く、父の通勤先が無事だったためもう一台の自家用車である父のスカイラインも事なきを得ました。

二度目の豪雨は…

ところが、2000年の豪雨では夕方からバケツをひっくり返したような雨が降り続け、当時の筆者の職場前の駐車場はまるで川のようになっていました。急いで帰宅しようにも愛車のスバル360のプラグがカブってしまい、結局エンジンが始動できず自分のクルマで帰宅するのは断念。同じ方角へ向かう方のクルマに乗せてもらい自宅の近くでおろしてもらったのですが、すでに自宅近くの道路は腰まで浸かるくらいまで冠水しているのに愕然としていたら、自分の後ろからやってきたタクシーが冠水に気づかず、そのまま水没してしまったのを今でも記憶しています。

腰までつかりながら自宅まで歩いていくと、すでに水は玄関の土間のあたりまで来ていました。母の話では10年前の経験で近所の人は皆、道路が冠水し始めた時点で自家用車を高台に避難させ、平屋の人は即避難したとのことでした。(ちなみに当時、避難勧告が出たころには完全に自宅周辺が水没、停電し、消防の広報車も近づけないという有り様でした)夜半になっても雨脚は弱まらず、できる事は夕食もそっちのけでとにかく移動できるものは2階に移動するのがやっと。とにかく家財道具は机の上に載せておけばしのげるだろうと思っていたのですが、浸水が止むことはなく結局1階は腰上くらいまで浸かり、録りためたビデオや自動車雑誌を始めとする趣味の雑誌のバックナンバー、クラシックカーイベントの写真等の大半を失うハメになりました。

浸水は結局丸一晩続き、電気、電話、水道、ガスすべてダウンしました。幸い筆者の自宅周辺は堤防が冠水に負けて外側から川側へ切れたため、翌日の午後には水が引いたのですが、自宅から5kmほど離れた町の枇杷島のあたりは数日間冠水したままでした。とりあえず通話可能な公衆電話から遠方の友人に無事を報告し、当時自分が運営していた個人HPの掲示板に無事であること代わりに書いてもらったりした記憶があります。職場に置いてきたスバル360は幸い駐車場周辺の標高が高かったため無事でしたが、むしろヘタにカブることなくエンジンがかかってそのまま乗って帰ろうとしたら途中で水没していたかもしれません。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...