当たりか、外れか?ついに見つけたメンドーサブルーのフルビア・クーペをイタリアへ見に行ってきた

公開日:Posted in コラム by

今回、私が見に行くことに決めた1972年式ランチア・フルビア・クーペ・シリーズ2は、南イタリアの港町バーリの郊外にあった。私が住んでいるドイツ中西部の街からは、陸路で約1700キロ。

今回は、クルマを確認することが目的なので飛行機で行くことにした。ヨーロッパに住んでいると、格安航空会社のお世話になることが多い。今回は有名なアイルランドの会社、ライアンエアーを使い、たった15ユーロ(日本円換算で約2000円)でオランダのマーストリヒト空港からバーリ国際空港に移動することができた。ただし、安い故にローカル空港発着だったり、時間帯は不便な場合が多く、今回のバーリ着は深夜だった。

物々しい警備体制のバーリ空港

バーリに行ったことがある人にはわかると思うが、お世辞にも治安が良さそうとは言えない街だ。ちょうど日本から麻生財務大臣も参加したG7の会期中ということもあり、空港から街までの道路は至るところで軍警察が検問を行っていた。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:林こうじ

ドイツ在住の自動車技術者。某国産自動車メーカーを経て、現在はドイツ系サプライヤーで設計を手がける...