ラテン系のクルマが好きな人、それは5パターンに大別されるのだ

最終更新日: 公開日:2015-07-28 | Posted in コラム by

イタフラ車、すなわちイタリアやフランスのクルマ、大ざっぱに言えばラテン系のクルマが好きな人って、どんな人なのだろうか。

ラテン系というと、大声でやたら陽気で快楽主義。細かいことは気にしないで楽しく過ごすのが第一。良く唄い良く呑み、週末はひいきのサッカーチームの応援に熱中する・・・なんかステレオタイプで申し訳ないが、そんなイメージがある。したがってフィアットにアルファロメオ、フェラーリ、ルノーやプジョーなどのイタリアやフランスのクルマたちも、明るく陽気で「とにかく楽しいぜ」的なイメージを感じるものだが、さて、そんなラテン系のクルマを好む人達というのは、どんな人達なのだろう?

まず大前提として、職業として自営業とか自由業って感じのヒトが多いというイメージがあるし、同じようにアーティストとかクリエイターとか、それからスポーツ選手が選んでいる、という印象も強いと思う。いや、多分実際そうなんだろう。たとえ会社経営している「社長」さんでも、その会社はデザイン会社だったり広告代理店だったり。一般的な会社の社長は、メルセデス・ベンツに行っちゃう感じだけど、こっちはフェラーリ買っちゃうぜ=自分で運転する!という、よりアグレッシブな方向。

ともあれ、具体的な数値はまずは置いておいて、イタフラ車ってどんなヒトに好まれているのだろうか。今回はあくまでもイメージ重視で、ザックリ挙げて行ってみよう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:まつばらあつし

映画カメラマン・ライター/コピーライター・アニメーター・ガッコの先生など、いろいろ仕事をしてたら自...