ついに量産化を発表!ニュー・ストラトスとランチア・ストラトスの違いをチェック

公開日:Posted in コラム by

さまざまなニューモデルが発表された今年のジュネーブ・モーターショーのなかでも、スポーツカー好きの注目を集めたのが「ニュー・ストラトス」の量産化でした。

ニュー・ストラトスとランチア・ストラトスの違いをチェック

ニュー・ストラトスは、ハイパーカーやレースカーの製作を手がけるイタリアのMAT(MANIFATTURA AUTOMOBILI TORINO)が、2010年にドイツの事業家 Michael Stoschek 氏のオーダーによりワンオフ製作したモデル。ピニンファリーナによる完成度の高いスタイリングやフェラーリ・エンジンの搭載などで話題となり、量産化に大きな期待が寄せられました。しかし、製作にはドナーとしてフェラーリ 430 スクーデリアが必要だったことから、フェラーリが難色を示し、立ち消えになった経緯があります。

新たにニュー・ストラトスの製造・販売の検討を発表したMATでは、25台分の車両を製造する計画を立てています。さらにロードバージョンに加えて、ラリー仕様とサファリ仕様の製作も可能としており、デザインレンダリングも発表されました。

ニュー・ストラトスとランチア・ストラトスの違いをチェック

ニュー・ストラトスとランチア・ストラトスの違いをチェック

そこで今回は、オリジナルのランチア・ストラトスとニュー・ストラトスの各部の違いをご紹介します。

両車ともにフェラーリ製エンジンを搭載

ランチア・ストラトスでは、ディーノ 246 GT用の2.4L V6エンジンをミッドシップに横置きし、最高出力はディーノ 246 GTの195 psに対して190 psとなっていました。一方、フェラーリ 430 スクーデリアをベースにしたニュー・ストラトスでは、4.3L V8エンジンを縦置きに搭載。ワンオフモデルの最高出力は、430 スクーデリアの510 psから540 psにパワーアップ。量産モデルでは550 ps以上の最高出力を謳っています。

ニュー・ストラトスとランチア・ストラトスの違いをチェック

プレキシガラスの内側にエンジンが見えるのは430 スクーデリアと同じ。“STRATOS”のロゴも確認できます。

オリジナルに対する敬意が随所に感じられるスタイリング

ニュー・ストラトスのディメンションは、全長4181 mm × 全幅 1971 mm × 全高 1240 mm。ランチア・ストラトスは3710 mm × 1750 mm × 1114 mmのため、それぞれ全長では481 mm、全幅は221 mm、全高は126 mm拡大されていることがわかります。ちなみに前後トレッドは、ランチア・ストラトスの1430/1460 mmに対して1668/1701 mm、ホイールベースは2180 mmから2400 mmとなり、両者を実物で比較するとサイズ感の違いは明らかです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...