日本の道路行政に要因が?日本が作り上げた「高すぎる自動車税」その歴史的背景とは

公開日:Posted in コラム by

今回は前回に続き、日本の道路行政と高額な税負担について書こうと思います。

歴史的に道路の整備が進まなかった日本

詳細は後述しますが、結果的に日本では自動車の税負担が高額化してしまった一番の要因は日本では歴史的に道路の整備が進まなかったということでしょう。もちろん、「東海道五十三次」等の宿場町をつなぐ「街道」というのは存在しましたが、ローマ街道のように道路として舗装されていたというわけでもなく、砂埃が舞い雨が降ればぬかるみになるという酷い有様でした。

近代に入るまで日本での移動手段は徒歩が中心で、乗り物を使った移動は河川が多く海に囲まれた国土事情から、車両よりも船を使った移動が中心だったようです。意外と知られていないのですが、実は日本では明治に入るまで馬車がありませんでした。明治に入るまで日本古来の馬の品種に車両を牽けるだけの体格をもった品種の馬がいなかったのだそうです。とは言っても、日本にも車輪の付いた乗り物の文化がまったくなかったというわけではありません。

CLの読者の皆様も昔、歴所の教科書で平安貴族の「牛車」の絵を見た記憶があるのではないでしょうか?牛というと鈍重そうなイメージがあるかもしれませんが、欧州のサラブレッドと同様、日本でも足の速い牛は貴族の間で珍重され、当然速い牛を所有する事はステイタスであり、貴族が乗った牛車が並べばその場でスピードを競い合ったといいます。

当然、舗装もされてないでこぼこ道でスピードを出せば横転したり、牛車から転げ落ちたりという「交通事故」も発生するのですが、当時の貴族たちはスピードだけでなく事故で大怪我をすればそれも自慢のタネになったというあたり、今も昔も日本の走り屋のする事はたいして変わっていないようです。日本では馬のエンブレムのフェラーリよりも牛のエンブレムのランボルギーニの人気が高く、カウンタックやミウラが今も強大なカリスマ的人気を誇るのがなんとなくわかるような気がします。

政策的に途絶えさせられた車輪の文化

ちょっと話がそれてしまいましたが、日本でも車輪の文化が花開く要因がなかったわけではありません。江戸時代に入ると状況が一変します。基本都市計画を立てる場合、道はわかりやすく、碁盤の目の様な構成にし、ブロックごとに番号や記号を振り当て、通りに必ず名前があり、〇〇タウン××ブロック△△ストリート(街)□□番地という住所だけを見て、街道にそって番地をたどっていけば目的地に到着するようになっていますが、日本では道が複雑で通りやブロックに名前が振り当てられているわけでもなく町名と番地だけで目的地にたどり着くには非常に困難な地理の構成になっています。

日本でカーナビゲーションシステムが技術的に先行した最大の要因は地理の複雑さとも言われています。なぜこれだけ道が複雑になったのでしょうか。それは国土の約2/3を山林が占めていて、数少ない平地はほぼすべて田畑に充てられ、そのこまごまとした田畑のあぜ道がそのまま道路になったことがあげられます。徳川幕府になると幕府の転覆を防止するために江戸の城下町は江戸城を中心に渦を巻くように道が整備され、さらに動物に荷車を牽かせたり、車輪が付いた乗り物で人が移動する事を禁止。唯一使う事が認められたのは大八車で、これも街道での使用は厳しく制限され、また大八車で死亡事故を起こした際は打ち首になったという話もあり、車輪の使用に大きく制約がかかったことで事実上日本では明治になるまで車輪の文化は途絶える事になります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...