不思議な因縁のような歴史が?日本車とドイツ車の「因果な関係」を紐解く

公開日:Posted in コラム by

以前『スバル360とVWビートルの「類似性」を紐解く』というテーマで執筆したことがありますが、歴史的を遡っていくと日本車とドイツ車には不思議な因縁のような歴史が垣間見えてきます。

日本車の創世期にはすでにあのクルマの息がかかっていた事実

日本車の創世記にあたる21世紀初頭、すでに自動車の国産化を目論み果敢に挑んだエンジニアは複数存在します。一番有名なのは吉田信太郎と内山駒之助による「タクリー号」の愛称で知られる吉田式乗用自動車(1907年・明治40年)ですが、その少し後に福岡の矢野倖一という青年が地元の名士に技術力を見込まれ、独力で自身の名の「矢」から「アロー号」と名付けた1000ccの小型自動車の製作を始めます。しかし、エンジンの不調をどうしても解決できず途方に暮れていました。すると当時は第一次世界大戦の最中、捕虜収容所のドイツ軍捕虜の中にベンツのエンジニアが居ると知ると、陸軍に面会を申し込みアロー号のアドバイスを請います。不調の原因はキャブレターで、上海で売られているゼニスのキャブレターを入手すれば解決するというアドバイスの下、さっそく上海に渡りゼニスのキャブレターを入手、さっそくアロー号に取りつけると無事走行できるようになったという話が残っています。20代前半の東洋の青年がまったくの独学で自動車を作ろうとしていた事に、このベンツのエンジニアははたしてどんな事を思ったのでしょうか……。

矢野青年は乗用車生産を目論みますが、この実績からダンプトラックの架装の注文が舞い込み最終的に事業用の特殊車両の架装に専念する事になりますが、現在も架装メーカーとして矢野特殊自動車として活動しています。またアロー号は走行可能な状態で現存しています。

この時点で日本車の創世期には、すでにかの「ベンツ」の息が少なからずかかっていたということになります。

しかし、その後はフォードとシボレーが日本に現地法人も設立し、一時期はこの2社が日本の市場を独占してしまったため、日本独自の自動車産業が本格化するには第二次大戦をまたぐことになるのですが、ドイツでは1933年にナチス政権が「国民車構想」を打ち出し、安価な小型大衆車の生産販売を国策に掲げ、ナチス政権のバックアップの下、フェルディナント・ポルシェ博士が後にフォルクスワーゲンと名付けられる小型車を開発し、購入希望者に対し週5マルクの貯蓄を条件にした5マルク運動を展開します。しかし1938年第二次大戦が勃発、購入希望者が積み立てた資金はすべてドイツ軍の戦争資金に充てられ、フォルクスワーゲンの本格的な量産は第二次大戦以降になります。

日本の戦後の「国民車構想」

ドイツと同様敗戦国の日本でも終戦の混乱期を終え経済復興の兆しが見えてくると、申し合わせたかのように日本も「国民車構想」を打ち出し、条件を満たしたメーカーには国からのバックアップを用意し、安価な国産大衆車の生産を国策に据えようとします。ところが、日本では既存の自動車メーカーの反応は冷ややかで、一方この政策に関心を持った新規参入メーカーは小型大衆車の大量生産のハードルの高さに屈する事になり、唯一国民車構想の条件を満たすかのように登場したのが、かの「スバル360」となりますが、実際のところスバル360発売の頃には国民車構想も有耶無耶になり、国からはとくになんのバックアップも得られなかったようです。そればかりかスバル自体がそもそもそんなものはアテにもしていなかったともいいます。

しかし、スバル360を皮切りにマツダR360クーペ、スズライトフロンテ、三菱ミニカ、トヨタパブリカ700が自家用車のエントリーモデルの熾烈な販売競争を始め、自家用車の購入を望む一般家庭が自家用車の購入のために貯蓄を始めます。やがてのこの貯蓄が戦後日本の企業への融資に回り、高度経済成長への資金源となります。因果な話で、日本もドイツも国家の運用資金に国民の自家用車の購入資金の貯蓄を充てていたという過去があるのです。

日本車とポルシェの因縁

ご存知の通り1964年5月には鈴鹿サーキットの第二回日本グランプリでスカイラインGTとポルシェ904の因縁の対決があります。当初の下馬評では、スペシャルマシンのスカイラインの圧勝と思われていたのを阻止したのがドイツ車のポルシェでした。

ポルシェによる日本車のモータースポーツの記録阻止はこれだけではありません。1966年にはトヨタ2000GTが78時間スピードトライアルで1万マイル平均206.18km/hで走破、3つの世界新記録と13の国際新記録を樹立するのですが、この翌年には早くもドイツのポルシェ911Rによってこの記録は塗り替えられてしまいます。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...