若い人や子供たちにクルマへの興味を失わせないため、大人ができる「たった3つ」のこと

公開日:Posted in コラム by

▲実車を売るだけじゃない。将来の「乗り物好き」を育てるため、各自動車メーカーだって頑張ってます!

自動車メーカーからみれば、未来への投資って一面ももちろん大きいのですが、自分が「楽しい」と感じた事を若い人や子供たち伝えたいって人は、きっと思っている以上に大勢いてくれるのでしょう。

若い人や子供たちの「好き」を、否定する必要はない

身近に若い人や子供たちがいなくても、できることだってあります。「今のクルマには魅力がない」とか「面白いクルマがなくなった」って感じられても、口にしないこともそのひとつだと考えます。たとえ自動車評論家の方々が「つまらない」とか「できが悪い」、「デザインがありきたり」と酷評したクルマであっても、若い人や子供たちの感性ならば、きっと「楽しい」や「格好いい」って感じ取ってくれるはずです。

振り返ってみてください、私たちだって運転免許を取ったばかりの頃は、それがどんなオンボロ車やポンコツ車であっても乗っていて楽しかったじゃないですか。今、考えれば不格好極まりなかったクルマでも、それを「格好いい」とか「可愛い」って思えたじゃないですか。

まだ自分が固まっておらず、他人の言葉から影響を受けやすい多感な彼らです。せっかく「好き」とか「格好いい」って楽しんでくれているのに、酷評して「本当はこのクルマ、つまらないんだ」とか「本当は格好悪いんだ」なんて思わせる必要はありません。そんな思いをすれば「だったらもっと、楽しい思いのできるジャンルを趣味にする!」って、離れて行ってしまうだけです。クルマの「おもしろい」、「つまらない」は、自分で色んなクルマに乗り、少しずつ分かるようになる事柄。それを知るのもクルマ趣味の楽しみですから、いきなり奪う必要もありません。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:糸井 賢一

ゲーム雑誌の編集からフリーランスに転身。雑誌やWEBサイトの記事以外に、ティーン向けノベルや児童書も...