当時を知る人にとって伝説だった、Carerra Turbo RUF=CTRというクルマ

最終更新日: 公開日:2017-03-11 | Posted in コラム by

現在開催中のジュネーブモーターショーにおいて、RUF CTR(初代)を想起させるクルマが発表されました。そのシルエットは、当時発売されていた930よりも、当時CTRが存在しなかった964に近いイメージがあります。

Ruf CTR 2017 Engineering

[4k] Ruf Automobile Press Conference CTR 2017, 710 HP and 1200 kg presented by Alois Ruf

生産台数はRUF CTR(初代)と同じ30台、最高出力は710馬力、最大トルクは880Nm、0〜100km/h加速は3.5秒未満、カーボンモノコックボディにプッシュロッド式サスペンションを採用。価格は75万ユーロ、日本円に換算すると約9,000万円とアナウンスされています。見た目はクラシカルでも、中身は現代のテクノロジーが投入されている点において、往年のポルシェ911およびRUFフリークは色めき立ったのではないでしょうか。

あまりに偉大すぎた存在、RUF CTR(初代)

RUFがいち自動車メーカーとして認可されたのは1981年。いわゆる「イエローバード」が、フォルクスワーゲンのテストコースにおいて333.9km/hの記録を打ち立てたのは、それから6年後の1987年。さらに翌1988年には、auto motor und sport誌主催における最高速テストにおいて、この記録を更新する342km/hを樹立。このときのライバルはフェラーリF40やポルシェ959(この個体はスペシャルチューン仕様という説も)などを実力で抑えたことから、その名を世界に知らしめました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...