キャデラックの歴史を紐解けば紐解くほど、アメ車復権のカギが見える

最終更新日: 公開日:2017-02-15 | Posted in コラム by

ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任し、日本でアメリカ車の販売が伸びないのは日本の制度が輸入障壁となっているという発言が物議をかもしている昨今でありますが、しかし一方で実は日本こそ主要な輸出先となっているアメリカ車も少なからず存在します。

その一つがアメリカ車のヒエラルキーの最上位に君臨し「富の象徴」「アメリカンドリームの成功者の証」とも言われているキャデラックではないでしょうか。実はあまり知られていないのですが、キャデラックはその知名度の高さとは裏腹に、意外やアメリカ国内のマーケットに特化したモデルであり、実はキャデラックの輸出先の国は意外に少なく、中国と中近東そして日本であり、ヨーロッパで一部の好事家が並行輸入していた程度で、ヨーロッパ市場を視野に入れたグローバル展開をはじめたのは意外と最近に入ってからです。日本でいえばトヨタクラウンに相当するブランドかもしれません。アメリカ車が苦手とする日本市場ですが、今も昔もキャデラックにとって日本は重要な海外市場の一つであるというのも事実です。さてこのキャデラックですが歴史を紐解いていくと非常に数奇な歴史を持つ自動車ブランドあることが見えてきます。

高級車キャデラックのルーツとは?

キャデラックの設立には二人の「ヘンリー」という人物が深くかかわっています。その一人が精密工作技師でありキャデラックのブランドを発案した「ヘンリー・マーティン・リーランド」です。リーランドは南北戦争時、銃器製造に携わり部品の規格化と品質の安定化の重要性を熟知し、19世紀末にはアメリカで精密工作では名の知れた存在になっていました。そのころ、もう一人の「ヘンリー」という人物がアメリカで自動車製造に乗り出すべく自動車会社を設立します。しかし、収益性の高い高級車を生産したいという他の経営陣と、安価な大衆車を大量生産することを志していたヘンリーの意見が対立し、ついに創設者で社長であったヘンリー自ら社を去ってしまいます。そのもう一人の「ヘンリー」こそ、後に史上初の大量生産方式による安価な大衆車「フォードT型」を世に送り出した自動車王「ヘンリー・フォード」でした。

社長であったフォードが去り、残された経営陣がフォードの後任にと招聘したのが「ヘンリー・リーランド」です。しかし、フォードが去ってしまった事により当初のヘンリー・フォード・カンパニーという社名を変更せざるを得なくなり、当初はリーランドの名を使用することも打診されたようですが、リーランドは自らこれを固辞します。リーランドは相当な愛国者だったようで、自分の名を冠するよりもデトロイトを開拓したフランス貴族アントワーヌ・ロメ・ドゥ・ラ・モト・スィゥール・ドゥ・カディヤックにちなんで「キャデラック」と命名することを望みます。大衆車のフォードと高級車のキャデラック、対局するはずのこの二車にはどちらもルーツが同じという奇妙な縁があります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...