BMW850i。それは20世紀末に誕生した淑女だったのかもしれない

最終更新日: 公開日:2016-06-23 | Posted in コラム by

BMW850i。日本でも滅多に見掛ける機会がなくなりつつあります。たまに見掛ける8シリーズ(E31)も、良く観るとV8エンジンを搭載した840iであることが多いように感じます。

そんな8シリーズの最高峰モデルにあたるBMW850iがデビューしたのが、1990年のことでした。それまでのBMW6シリーズよりも、大きく、豪華に、そして高級なパーソナルクーペとしてデビューを果たしました。エンジンは300psを発揮する5.6リッター、V12エンジンを搭載。いまとなっては懐かしい、リトラクタブルヘッドライトを採用していました。

位置付けとしては、当時4ドアセダンの最高峰モデルだったBMW750iのクーペモデルが8シリーズとなります。メルセデス・ベンツSクラス(W126)とSクラスクーペ(C126)に近い相関関係といえるかもしれません。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...