端正なフォルムと顔立ちに改めて魅了されてしまう、BMW525i(E34)

最終更新日: 公開日:2017-02-27 | Posted in コラム by

先日、G70型と称する最新型のBMW5シリーズが発表となりました。この5シリーズは通算7代目。今回は3代目のモデルにあたるE34型にスポットを当ててみたいと思います。

デビューは1988年。まさに日本のバブル景気の真っ盛りだった時期と重なります。デビュー当時の車両本体価格は、525iが533万円、535iが698万円でした。決して安いクルマではありませんが、BMW3シリーズ(E30型)が六本木のカローラと揶揄された時代、このBMW5シリーズ(E34型)は世田谷区のマークIIといってもいいくらい、都心部ではそれなりの頻度で見掛けたように思います。

BMW5シリーズ(E34型)のデビュー当時は大柄と思えたボディも、思いの外、コンパクト

*各モデルのボディサイズ
BMW525i(E34型):全長×全幅×全高:4720x1750x1410mm

BMW523i(G70型):全長×全幅×全高:4945x1870x1480mm

*事実上のライバルと目される、メルセデス・ベンツEクラスとの比較

メルセデス・ベンツEクラス(W124型):全長×全幅×全高:4740x1740x1445mm

メルセデス・ベンツEクラス(W213型):全長×全幅×全高:4930x1850x1455mm

*トヨタマークIIおよびマークXとの比較

トヨタ マークII(GX81型):全長×全幅×全高:4690x1695x1375mm

トヨタ マークX(GRX130型):全長×全幅×全高:4730x1795x1445mm

内装の仕立てにも時代の流れが感じられます

BMW5シリーズ(E34型)

BMW5シリーズ(G70型)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...