一般ユーザーも総選挙で一緒に盛りあがりたい!2018年度日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベストカー」について思うこと

公開日:Posted in コラム by

今年も「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車27台と、そこから選出された「10ベストカー」が発表されました。

あまりの人気ぶりにいまだ納車待ちが解消されないスズキ ジムニー(ジムニー シエラ)は、残念ながら検査データ不正問題を理由にエントリーを辞退。スバル フォレスターも10ベストカーに選ばれた後、完成検査に関わる不適切事案を理由に選考を辞退しました。次点車の繰り上げはなく、9台で最終選考が行われます。

この後、モータージャーナリストを中心とした60名の選考委員により最終選考会が行われ、12月7日にカー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)と、各特別賞の受賞車が発表されます。

2018年度日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカー

・トヨタ カローラスポーツ
・トヨタ クラウン
・ホンダ クラリティPHEV
・マツダ CX-8
・ミツビシ エクリプスクロス
・アルファロメオ ステルヴィオ
・BMW X2
・ボルボ XC40
・フォルクスワーゲン ポロ ※「GTI」を含む
----------------
・スバル フォレスター(辞退)

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:糸井 賢一

ゲーム雑誌の編集からフリーランスに転身。雑誌やWEBサイトの記事以外に、ティーン向けノベルや児童書も...