エボ1…といってもランエボじゃない!メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 エボリューション1

最終更新日: 公開日:2017-02-24 | Posted in コラム by

大型のリアスポイラーが強烈なインパクトを与えたメルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 エボリューション2。日本でもカーグラフィックTV(CGTV)が頻繁にDTM特集を組んでいたこともあり、当時のレースシーンを記憶している方も多いのではないでしょうか。

RM Sothebys Auctionsに出品された1990年式のエボ2は日本に生息していた

いまや、世界の名だたるオークションにも出品されるように「なってしまった」メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 エボリューション2(以下、エボ2)。2017年1月26日にアメリカ・アリゾナ州で開催されたRM Sothebys Auctionsに出品された1990年式のエボ2は$220,000(2530万円)で落札。しかもこの個体は日本に生息していたもののようです。

このエボ2に限らず、海外のWebサイトを見ていると、リアガラスに「MIZWA」のステッカーが貼られたままの状態で販売されている空冷時代の911を見掛けたりして、驚くこともしばしばです(痕跡を消すために「MIZWA」のステッカー剥がす業車もあるのだとか)。

街中で見掛けても気づかない?そこが美点なエボ1

見た目のインパクトやDTMでアルファ ロメオ155などとバトルを繰り返したエボ2に対して、メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 エボリューション1(以下、エボ1)は、前後フェンダーがノーマルの190E 2.5-16よりも張り出していたり、リアスポイラーが大型化(それでもエボ2に比べたら控えめ)されていたりと、いまとなっては通好みな「見る人が見ればすぐに分かる」仕立てになっています。

おそらく、ノーマルのW124(300EやE320など)と、500E/E500が一瞬で見分けられる観察眼をお持ちの方であれば、偶然街中でエボ1に遭遇しても見過ごすことはないはずです。

ノーマルの190E 2.5-16、エボ1、エボ2を見比べてみる

●各モデルのボディサイズ
・190E 2.5-16:全長×全幅×全高:4430x1710x1380mm
・エボリューション1:全長×全幅×全高:4430x1720x1342mm
・エボリューション2:全長×全幅×全高:4540x1720x1340mm

●各モデルのエンジンの最高出力
[メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16]
190E 2.5-16:最高出力195ps/6750rpm

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...