専門である中古車についても、私は「教える」ことができない理由

公開日:Posted in カーゼニ by

過日。とある企業のとある編集部からとある依頼を受け、とある案件に関わる文章を書いた。……「とある」が連続する悪文で恐縮だが、まぁとにかくそれは約10日後、インターネット空間に公開された。しかし私は大変に困った。なぜならば、編集部がその文章に「○○○教えます」というタイトルを付けてしまったからだ。

それがなぜ困るかというと、私には他人様に「教える」ことができるものなど一つもないのである。

専門である中古車についても、私は「教える」ことなどできない

そもそも「教える」とはどういう意味なのだろうか? デジタル大辞林によれば、どうやらそれは以下のような行為を指す日本語らしい。

1 知識・学問・技能などを相手に身につけさせるよう導く。教育する。教授する。
2 知っていることを相手に告げ知らせる。
3 ものの道理や真実を相手に悟らせて導く。戒める。教訓を与える。

……なかなかの上目線である。何事においても私は1の「導く、教育する、教授する」というほどの立派な知識や見識は持ち合わせていない。そしてもしも私ごときが3の「悟らせる、戒める、教訓を与える」をやろうものなら、鼻で笑われるか殴られるかの二択となるだろう。

せいぜい2の「知っていることを相手に告げ知らせる」ぐらいならできそうな気もするが、これに関しても油断はできない。

私が「知っていること」といえば中古車のこと、それも主には輸入車のユーズドカーに関するあれこれだ。これについては28歳の頃から20年以上にわたり本職の記者を続けているので、それなりに「告げ知らせる」こともできなくはない。

しかし私が知っている中古車のモロモロとは、あくまでも記者として、あるいはユーザーとして見た業界の一側面に過ぎない。

私は中古車を販売したこともないし、職業としてそれをバラして整備した経験もない。そんな者が中古車について「教える」などと言ったら、やはり鼻で笑われるか、あるいは正拳突きにてぶん殴られるかの二択になることは間違いない。

クルマの「その後」についてもユーザーのほうが詳しい

もちろん世の中には私のような半端者ではなく、そのジャンルに超絶精通しておられる方も希にいらっしゃる。そういった方が「教える」のは別に構わないと思うわけだが、そんな「ほぼ全能の人」の数というのは非常に少ない。多くの専門家は、決してそこまでの超絶オールマイティではないのだ。

特に自動車(の評論)においてはその傾向が強いと愚考する。

私の場合は前述のとおり中古車にはそれなりに詳しいが、あくまで「一側面」について詳しいだけだ。

新車の評論を主にされている先生方は、確かにその時代時代のブランニューモデルを同時期に多数比較試乗しているため、「ニューモデルの乗り味等について」は信頼のおける原稿をお書きになる場合が多い(もちろん人によるが……)。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...