スバル車が納車寸前だったユーザーたちはどうなるの?というリアルな問題

公開日:Posted in カーゼニ by

初代マツダ(ユーノス)ロードスターを手放したことによる虚無感は虚無感としてありつつも、それと同時に、来るべきスバルXV 2.0i-Lとの蜜月生活を想像して、思わず気色の悪いニヤケ顔を世間樣にさらしている不肖筆者である。

しかし本日こと10月27日(金)朝、驚愕のニュースが飛び込んできた。なんと日産自動車に続き我がSUBARUも、正規の資格を持たない従業員に出荷前の完成検査をさせていたとのこと。……スバル車の納車寸前である筆者としては、大変古いフレーズで恐縮だが「アジャパー!」と叫ぶほかなかった。

11月半ば納車予定の新型XVには(今のところ)影響なし

新車の完成検査制度と、それを行う人員の資格制度については筆者もいろいろ思うところがあり、率直に言ってしまうと「……そんな古い制度なんて今さらどうでもいいんじゃねえの?」と思っている。

しかしそれを公に言ってしまうと、メガネっ娘の学級委員みたいなメンタリティの人から「決まりは決まりデス! 守らないとイケマセン! ムキーッ!」みたいな声が上がって大変めんどくさい話になるため、そこに関する詳細な意見はここでは述べないでおく。

述べたいのは、「で、このタイミングで納車寸前なユーザーたちはいったいどうなっちゃうわけ?」というリアルについてだ。

結論から申し上げると、筆者が注文した新型XVの納車スケジュールには、この事件の影響は(今のところ)いっさいない。当初の予定どおりの日時にめでたく納車となる予定だ(今のところ)。

これは、幸か不幸か筆者のXV 2.0i-Lはまだ出来上がっていないからである。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...