陸前高田に行って思い出した「クルマがあること」の強烈な価値

公開日:Posted in カーゼニ by

男も50年ほど生きると、うら若きご婦人の裸体ないしは半裸の姿を印刷物等で見かけたところで如意棒はピクリとも動かず、「それより本日の秋刀魚は150円であろうか? 1尾200円か……ちと高うござるな」というような感慨しか沸かない。俗に不感症と呼ばれる状態であろうか。

拙者の場合はクルマに関しても同様で、さまざまのニュウエストモデール登場の報を受けても、心の如意棒はなかなか動かない。それよりも秋刀魚の店頭価格が気になって仕方なき秋の夕である。

しかしこのたび遅めの夏休みを頂戴して東北は三陸沿岸地方を旅したことにより、拙者は再び開眼した。クルマはやはり素晴らしい。いや、「クルマがある生活」というのは本当に素晴らしいと、身にしみて理解したのだった。

たった60kmの移動に、待ち時間も入れると3時間……

三陸地方というと、数年前に放映されたNHKの朝ドラ『あまちゃん』を想起される方も多いと思う。拙者が今回訪問したのは、同じ三陸沿岸でもドラマの舞台となった岩手県久慈市ではなく、沿岸南部の同県陸前高田市である。先の大津波により図らずも有名になってしまったあの町だ。

通常、拙者が陸前高田に行く際はいわゆるマイカーをぶっ飛ばして行くのだが、今回は趣向を変えて鉄道にて行ってみることにした。

東京駅より東北新幹線に乗り一関へ。ここまでは割とサクッと行けるわけだが、そこから先がなかなか大変だ。

1時間に1本ほどの便しかないJR大船渡線のディーゼル列車(2両編成)にてトコトコと気仙沼へ。ちなみに都会育ちの拙者は、ディーゼルエンジン搭載の「気動車」というモノには恥ずかしながら初めて乗った。それはほとんど「レールの上を走るバス」であると感じた。

気仙沼から先の線路は2011年の大津波により完膚なきまでに破壊されてしまったため、気仙沼から陸前高田まではBRT(Bus Rapid Transit)なる代替バスで、これまたトコトコ行くしかない。クルマであれば一関から陸前高田までは1時間程度だが、電車……じゃなかった気動車とBRTによるトコトコ作戦では、待ち時間も入れてざっと3時間ほどがかかってしまう。

モータリゼーションは、大げさにいえば人類の必然

生まれて初めて乗る「単線の気動車」は、決してマニアではないが若干の鉄分を有する拙者にとってなかなか刺激的ではあった。正直、堪能した。

しかしそれは「せいぜい年に一度のこと」だからこその堪能である。

毎日これに乗って、例えばだが陸前高田から一関という(ある意味)都会に出勤するとしたら、果たしてどうだろうか? 1時間に1本ほどのダイヤグラムに常に注意を払いながら、トコトコどんくさい移動を毎日行う。

ハッキリ言ってうんざりすると思う。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...