クルマ好きの自家用車遍歴はその人の履歴書。であるならば、あなたは今後どういった遍歴を積み重ねていくのだろうか?

公開日:Posted in カーゼニ by

古いモノクロ写真に写っている女性は、若き日の軍曹母。その傍らにある黒い(?)クルマは若き日の軍曹父のもので、自分はクルマに詳しくないためよくわからないのだが、初代トヨペット クラウンだろうか? となると日時は昭和32年とかそのあたり。場所はおそらく山梨県の山中湖と推定されるのだが、詳しくはわからない。両名に確認しようにも、両名ともすでにこの世にいない。

当時のクラウンは今で言う5000万円級のクルマだった?

写真のクルマが仮に初代クラウンだとするならば、当時の価格はGAZOO.comによれば101万4860円で、これは当時の年間平均所得の約12.5倍だったという。現在の水準で言うと「5000万円ぐらい」ということだろうか? 後に没落した軍曹父ではあるが、「彼にも羽振りのいい時代があったのだなぁ」と、没落後に(正確に言えば没落途中に)生を受けた彼の末子は平成の世に思う。

考えてみれば自家用車の遍歴というのは、「その男の人生遍歴そのもの」でもあるのかもしれない。もちろん「クルマ好きの男」に限った話ではあるが。

軍曹父も、いろいろなクルマに乗っていた人だった。私が記憶しているのはクジラのクラウン(4代目)のハードトップからだが、一族最年長の従兄弟によれば「最初に買ったクルマはトヨタのパブリカ」だったらしい。おそらく昭和36年(1961年)頃の話だろう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...