拙者のQOL満足度も維持してくれそうな新型スズキ ジムニーに期待する理由

公開日:Posted in カーゼニ by

拙者のいわゆるライフスタイルなど、こういった場でわざわざ書くまでもないほど地味で慎ましいものである。

毎週月曜日の夜こそ、東京ヤクルトスワローズの試合がないため近隣の飲食店にて外食をしてこますが、行くのは激安モツ焼き屋であり、頼む品も1本60円のハツや1杯280円の甲類焼酎または二級清酒などばかりである。

そして月曜日以外は、日中は自作のお弁当を食べながらパチパチとLet’s noteのキーを叩き、日が暮れると駅前のシュペールマルシェで購入した1袋398円の枝豆を茹で、二級酒とともにいただく。その繰り返しである。

それなのに、ゼニがない。これはいったいどういうことなのか?

普通な毎日の中の「ちょっとした贅沢」がガンなのか?

「これはいったいどういうことなのか?」と白々しく言ったが、実は理由は自分でもよくわかっている。

慎ましく暮らしているのは事実なのだが、そのなかでも意外と贅沢をしているからだ。

著述業者としてのキャラ作りのため、拙者は「下町の貧乏若隠居」みたいな生活描写を原稿内にちょくちょく入れ込んでいる。イメージとしては、ボロい着流し姿の文豪ワナビーで、古い長屋に住んでいて、いつも腹をすかせながら七輪で激安ししゃも1尾だけを焼いて食っている……みたいな人物像だ。

その人物像の大まかな方向性に嘘はないのだが、細部には多分のフィクションを含んでいる。

そもそも住んでいるのは下町ではなく山の手だし、モツ焼き屋にも確かに行くが、行くのは地場のモツ焼き屋のなかでは松竹梅の松に近いグレードの店である。そしてそこで飲む清酒も、実は二級ではなく特級または一級だ。ちなみにシュペールマルシェで398円の枝豆と598円の枝豆が並んでいたならば、迷うことなく598円のほうを買うだろう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...