出版社での下積み時代。絶望的な社内環境を経て今、若い世代の人に伝えたいこと

公開日:Posted in カーゼニ by

過日。取材に赴くため、ここ10年ほどはほとんど使っていない首都高の某路線を愛機スバルXVにて走った。そして約10年ぶりに下りた某ランプから2分ほど走ると、懐かしい風景に出くわした。

わたしが13年前まで勤務していた、今ではつぶれてしまった五流出版社の跡地である。

わたしは五流出版社の社員だった

わたくしはホラッチョことショーンK氏のような経歴詐称はいっさい行っていないが、それでも、自分の都合が良くなるよう経歴の「編集」は若干行っている。

こういったサイトなどに掲載されるわたくしの経歴は「外資系消費財メーカー本社勤務→IMPORTカーセンサー編集デスクなど→フリーランスの編集者兼ライターとして活動中」というようなことになっている場合が多い。そこに嘘はひとつもない。

だがよくよく見てみれば、「IMPORTカーセンサー編集デスクなど」の「など」が大変に微妙だ。

この「など」の期間中わたしが何をやっていたかと言えば、世間的な聴こえがよろしい「リクルート社での編集デスク業務(ただしわたしは同社の従業員だったわけではない)」の前に、都内某所にあった五流出版社にて社員編集者をしていたのだ。

誤字脱字と素人写真だらけの雑誌

本当にひどい出版社だった。いや、あれを「出版社」と呼んではいけないのではないかと、現在のわたくしは思う。

センスも正確性も何もない駄文的本文と、経費節約のため編集部員が自分で撮ったド素人写真を、これまた予算節約のため編集部員自らが素人レイアウトをしてページを作っていた。校閲者に文字校正を依頼している編集部など皆無だったため、どこもかしこも誤字脱字だらけだった。

そんな会社に、わたくしは9年間在籍した。

なぜ9年間もいたのか。「嫌なら辞めりゃいいだけじゃん」とおっしゃる方も多いだろう。

そのとおりではある。だが28歳というかなり微妙な年齢の「編集未経験の男」を採用してくれたのは、残念ながらその五流出版社だけだったのだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...