日本の交差点の横断歩道では…「2020年の横断歩道問題」について考えてみた

公開日:Posted in カーゼニ by

過日。自分は地元碑文谷村の村道を愛機スバルXVにてユルユルと走行していた。すると前方の信号機のない交差点脇に、推定32歳の男を視認。自分の見立てによれば、男が横断歩道を渡らんとする意志を有しているのは明白であった。そのため道交法第38条第六節の二に基づき、自分はXVを横断歩道手前にて停止させた。

すると男は、あろうことかわたくしに向かってペコリと頭を下げた。

怒り心頭に発した自分はXVを路肩に寄せたうえでクルマから降り、男のもとへ詰め寄った。

2020年に必ず発生する「横断歩道問題」

自分は言った。「貴様! 日本男児たる者がこんなことでいちいち頭を下げるんじゃない! 気合を入れてやる! 歯を食いしばれ!」

小学生の頃に極真カラテの通信教育で鍛えたあげた自分の右正拳突きは、見事に男の左頬にヒットした。しかし遺憾ながらさほどの威力はなかったようで、逆に男が反撃として繰り出してきた左ハイキックをこめかみに食らい、自分は失神昏倒した。どうやら男はムエタイの心得があるようだった。

「極真カラテ(の通信教育)、敗れたり……」

アスファルト上に倒れた自分は、晴れ渡った碑文谷村の空を見ながらそんなことを思った。だが、それはきわめてどうでもいいことである。そもそもこの話はフィクションであるわけだし。

それよりも問題なのは「2020年の横断歩道問題」だ。

過日、朝飯をむしゃむしゃ食いながらNHKの朝のニュース番組を見ていると、大意として以下のような内容の特集が放映された。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...