カーにはゼニがつきものだ。「プラスαぶっこみ法」で自身のギャラを上げよう!

公開日:Posted in カーゼニ by

カーゼニなるタイトルの当コーナーだが、今週は「カー」ではなく「ゼニ」に特化した原稿を書かせていただく。ズバリ「ゼニの稼ぎ方」である。

……あまりにもカーを無視した原稿ばかり書いているのでそのうちクビになると思うが、まあクビになるまでの間、しばしお付き合い願いたい。

「誰でもできる仕事」は退屈であり、そして薄給でもある

ゼニの稼ぎ方といっても筆者はフリーライターという最底辺職業における手法しか語れないが、その他の堅実なご職業に就いている人にもある程度は参考となるよう、鋭意努力はする所存だ。

さて。多くのライター、とくにお若い世代の各位は「自身のコモディティ化」にお悩みなのではないかと愚考する。

すなわち「新規オープンしたスイーツ屋さんのプチ紹介記事」みたいな、要するに「誰でもできる仕事」ばかり舞い込んできて、「そこから先の領域の仕事」がなかなか来ない――という苦悩があるはずなのだ。

これはフリーライター稼業だけでなく、その他のご職業でもよくある話だ。「いつまでたってもルーティン仕事ばっかやらされて、クリエイティブで楽しげな仕事がぜんぜん回ってこない!」と文句をたれている若人は、日本全国に推定1700万人はいるだろう

たしかに文句をたれたくもなる。

「誰にでもできる仕事」というのは基本的にはやっててぜんぜん面白くないものであり、「誰でもできる」ゆえにギャランティーも低めである場合が多い。つまりゼニが儲からないわけだ。

いっぽうで「その人じゃないとできない仕事」というのは一般的にギャラが良く、やって面白く、そして自尊心みたいなものも満たされる場合が多い。

それゆえ同じ働くのであれば、例えば「スイーツ屋さんにアポ取って取材して、300字のありがちな紹介記事を書いて税込み3240円」という仕事をたくさんやるよりは、「俺様スイーツ列伝!(仮題)」みたいな随筆を大手メディアに週イチペースで寄稿し、1話あたり税込み6万4800円×4週で、その連載だけで月に25万9200円のゼニが稼げるほうが好ましいと、多くの人は思う。もちろんわたしもそう思う。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...