社会が変わったのか、それとも老い故なのか?時代とともに変わる「スピードへの情熱」

公開日:Posted in カーゼニ by

写真下は言うまでもなく実際にバイクで超絶コーナリングをしているわけではなく、青山一丁目のホンダ本社ビル1階に置かれていたものに、許可を得たうえでまたがり、係員の方にアイフォーンでパシャッと撮ってもらったものだ。

しかしまぁアレだ、GPマシンというのはものすごいバンク角で曲がってるんですなあ。自分なんぞは、コレにただまたがるだけでも結構苦労しましたよ。

久々に思い出した「昔は飛ばしていたなぁ」ということ

高校3年生の夏以来だから、32年ぶりだろうか? いずれにせよ超絶久々にバイクに乗ってみて(いや乗ったわけではなくまたがっただけだが)思ったのは、「こんな自分にも、そういえばスピードを追い求めていた時期があったよなぁ」ということと、今やほぼ完全に失われてしまっている「スピードへの情熱」についてのあれこれだった。

そして同時に「自動車批評のあるべき姿」についても、なんとなく思いを巡らせたのであった。

順を追ってご説明しよう。

現在は自動二輪のマシンはおろか免許さえ持っていない自分だが、青少年だった頃はいかにも青少年らしくオートバイに憧れていた。そして16歳の誕生日が来る前から熱心に教習所へ通いはじめ、誕生日とほぼ同時に自動二輪の運転免許(中型限定)を取得。当時発売されたばかりのホンダCBR400Fをソッコーで購入した。

そして都内および近郊各地を爆走しまくった。爆走といっても珍走団(当時は暴走族と呼ばれていたが)に加入していたわけではないので、あくまでも単身の硬派ライダーとして硬派にかっ飛んでいただけだ。

若い頃は本当にアホなライダー/ドライバーだった

だが「硬派ライダー」と思っていたのは本人だけで、周囲の大人らの冷静な視点から見れば「アホなガキがいきがってる」ぐらいの感じだったのだろう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...