リーダーに「リーダーシップ」は必要ないのかもしれない。経験からわかった結果を出すことに必要な3つの要素

公開日:Posted in カーゼニ by

筆者は「東京フォッケウルフ」なる中年草野球チームを主宰するとともに、そのチームキャプテンすなわち「主将」を務めている。それに関連して過日、チームのK選手およびA選手が「リーダーシップというものについて主将殿とぜひ鼎談させていただきたい」と筆者に申し出てきた。

K、Aの両選手が毎週放送している草野球関連のポッドキャスト(意外と聴取率が高いらしい)のゲスト話者として収録スタジオに招かれたのだ。

この原稿がクルマと関連する話になるかどうか我ながら不明だが、今宵行われる収録のための予習的な意味合いで、今回のカーゼニは「リーダーシップ」なるものについて考えてみたい。

リーダーに「リーダーシップ」は必要ない?

K選手から事前に送られてきた電子郵便によれば、今宵の収録のテーマというか仮タイトルは「リーダーシップなんていらない?」というものだそうだ。

……さすがは某県随一の伝統進学校を優等なる成績で卒業したK選手とA選手、物事をよくわかってらっしゃる。

つまり、わたくしというチームキャプテンには「リーダーシップ」などという成分はほぼ皆無であることを、とうに見抜いていらっしゃる――ということだ。

「ウチの主将にはリーダーシップがまるでない。にもかかわらずチームは妙にうまく運営されており、むしろ活気づいている。それはいかなるメカニズムによって実現されているのだろうか?」ということを、おそらく今宵の我々は話し合うことになるはずだ。

この問題については、わたしの中での答えはすでに出ている。

答えというかその秘技とは、「馬鹿になる」ということだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...