結局ゼニの力がものをいう?自動車メーカーも、ゼニがない日本市場には興味が持てないのか

公開日:Posted in カーゼニ by

いよいよ始まった2019年。各位におかれては、はたしてどのような「年頭の抱負」をお持ちでいらっしゃるだろうか? それはわからないが、少なくともわたくし個人の抱負は「CL CARS“カーゼニ”の原稿を落とさない」である。

休載の理由は「原稿料」にあった

どれだけの数の人にお読みいただいているのかは知らないが、まぁ読んでくださる人にはなるべく喜んでいただくため、毎週このコーナー向けの原稿を鋭意執筆した2018年のわたくしではあった。

だがまことに遺憾ながら、しばしば原稿を落としてしまった。つまり「約束の納期に原稿を納めることができず休載に」というパターンを何度も発生させてしまったのだ。

これすなわちわたくしの「不徳の致すところ」が基本的な原因だが、実はもうひとつの理由がある。

ゼニが、すなわち稿料が安いからなのだ。

具体的な金額をバラすのは信義に反し、反するのみならずCL CARS様から民事訴訟を起こされてしまう可能性すらあるため、明記はしない。だがわたくしがやらせていただいている各種業務のなかで「カーゼニ」の稿料は仏恥義理の安さではある。

それゆえ、大変大変大変に申し訳ないのだが、さまざまな業務の納期が思いっきり重なってしまった場合は、無意識にも「わりと高いギャラのコレが終わってからCL CARSには着手するか……」みたいに思ってしまうのである。すみません。で、そのまま落としてしまう事態が何度か生じてしまったのである。

ゼニ(対価)が安いと人間の身体と心は動かない?

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...