そんなことある?純正デザインを崩さずに激変…レイヤードサウンド2nd Edition

公開日:Posted in カーゼニ by

以前、仕事で大層お世話になったIさんという人から久々に電話があり、「とにかく会いたい」と言う。「知人からのかなり久々の電話」で「とにかく会いたい」というのはたいてい場合、借金の申し込みかマルチ商法の勧誘である。

気は進まなかったが、なにせ大恩のあるIさんだ、無下にはできない。

わたしは当座貸せるだけの現金(弐万圓)と、何らかのマルチ商法の入会金(たぶん壱万圓)を財布に入れ、約束の場所へ赴いた。そしてIさんに言った。「あえて理由とご事情はお聞きしません。とにかく、この弐万圓または壱万圓をご査収ください。それでは失敬」

立ち去ろうとしたわたしの肩を、呆気にとられた表情のIさんが掴んだ。

「何の弐万圓かよくわかりませんが、そうではなくて“音”を聴いていただきたいのです」

超小型スピーカーを付けるだけで音が激変? インチキでしょ?

聞けば、Iさんは借金の申し込みにきたわけでもマルチ商法の勧誘にきたわけでもなく、転職先であるカーオーディオ関連メーカーの製品をプロモートするため、やってきたのだった。「素晴らしい製品ですので、記事にする云々はさておき、とにかく軍曹さんに聴いていただき、その感想を頂戴したいのです」と。

や、それは早合点してしまい失敬失敬……などと言いながらさりげなく弐万圓を財布に戻しつつ、さらなる詳細をIさんから聞いた。

Iさんによると、そのカーオーディオ関連製品の名称は「LAYERED SOUND(レイヤードサウンド)2nd Edition」。純正カーオーディオのヘッドユニットやスピーカーを大げさに交換するのではなく、ごく小さなスピーカーをAピラーの内部や天井の内部にちょこっとインストールするだけで(実際にはそのほか超小型の専用アンプを設置し、配線作業等も行う必要はあるが)、しょぼい純正カーオディオの音が「ほとんどコンサートホールみたいな感じに激変する!」のだという。

わたしはIさんに言った。

「……Iさん」

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...