華々しいランボルギーニを目の前にして、なぜ私は興味を持てないのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

東京プリンスホテルにて開催された「Lamborghini Day 2017」なるイベントに行ってきた。

ランボルギーニの日本への輸入開始から50年というメモリアルイヤーを記念して行われた一大イベントだが、その詳細については別媒体に記す予定であるため、ここでは触れない。しかしながらここCLで書いておきたいのは、当日思い知らされた「己の器の小ささ」についてである。

綺羅星の如きランボや美女になぜか興味が持てない

会場となった東京プリンスホテル「ガーデンアイランド」の屋内特設スペースには新旧さまざまの、綺羅星の如きランボルギーニが並んでいた。そして屋外スペースには「コンクール・デレガンス Tokyo 2017」の審査を受ける往年のランボルギーニたちが、これまた綺羅星の如く立ち並んでいた。ついでに言えば会場に派遣されていた公式キャンギャルたちも(たぶん)イタリア系の八頭身超絶高級美女であった。

八頭身高級美女を含むそういった「華々しいもの」の数々に、来場した人々は目も心も奪われていたように私には見えた。ついでに言えばメディア関係者でもなくランボルギーニオーナーでもない「いなせなニッカボッカーを履いた通りがかりの職人さんたち」も、屋外に並ぶコンクール・デレガンス参加車両に夢中のようでいらっしゃった。

しかし私はといえば、まったくの平熱。体温計の目盛りで言う「36度5分」のような表情で、それらすべての状況を見つめていた。

それは私が「クルマ」というモノに冷めてしまったからなのだろうか?

否、それは違う。

なぜならば私は今、このたび新車として購入することになったスバルの中級クロスオーバー車「XV」に対しては大いに夢中だからである。

「ランボを買ってる自分」がどうしてもイメージできない…

遺憾ながら手放すことになったNAロードスターにまつわる寂寥感、ぽっかりと大きく空いた心の穴は確かにあるのだが、それはそれとして、新たな相棒となるスバルXVへの恋愛感情へも強烈なのだ。

暇さえあれば、何度も読んでいるはずのカタログをもう一度読んでニヤニヤし、オプションカタログを見て軽く後悔する。新型XVに関するほぼすべてのブログや、2ちゃんねる(最近は5ちゃんねるというのですか?)やら価格.comの掲示板やらをアイフォーンでひたすら読む。それが、ここ最近の私の日常だ。つまり「クルマというモノに飽きた」わけでは決してないのである。

なのになぜ、大衆的なクロスオーバー車であるXVなどより遥かに華々しく、自動車愛好男子の心をつかんでやまないはずのランボルギーニに対しては「36度5分」なのだろうか?

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...