華々しいランボルギーニを目の前にして、なぜ私は興味を持てないのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

東京プリンスホテルにて開催された「Lamborghini Day 2017」なるイベントに行ってきた。

ランボルギーニの日本への輸入開始から50年というメモリアルイヤーを記念して行われた一大イベントだが、その詳細については別媒体に記す予定であるため、ここでは触れない。しかしながらここCLで書いておきたいのは、当日思い知らされた「己の器の小ささ」についてである。

綺羅星の如きランボや美女になぜか興味が持てない

会場となった東京プリンスホテル「ガーデンアイランド」の屋内特設スペースには新旧さまざまの、綺羅星の如きランボルギーニが並んでいた。そして屋外スペースには「コンクール・デレガンス Tokyo 2017」の審査を受ける往年のランボルギーニたちが、これまた綺羅星の如く立ち並んでいた。ついでに言えば会場に派遣されていた公式キャンギャルたちも(たぶん)イタリア系の八頭身超絶高級美女であった。

八頭身高級美女を含むそういった「華々しいもの」の数々に、来場した人々は目も心も奪われていたように私には見えた。ついでに言えばメディア関係者でもなくランボルギーニオーナーでもない「いなせなニッカボッカーを履いた通りがかりの職人さんたち」も、屋外に並ぶコンクール・デレガンス参加車両に夢中のようでいらっしゃった。

しかし私はといえば、まったくの平熱。体温計の目盛りで言う「36度5分」のような表情で、それらすべての状況を見つめていた。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...