ホンダ N-VANはニッポンの初代ルノー カングーだ!ステキな軽自動車が増えてきたが?

公開日:Posted in カーゼニ by

前々回の当欄にて「いい感じの安価な国産車が増えており、特に軽自動車には並々ならぬ関心を抱いている」という意味のことを申し上げ、そのうえで、かの内田裕也氏を引っ張り出しながらダイハツ ミラ トコットに関するさまざまな論考を展開した。

しかしその後また、並々ならぬ感心を抱かざるを得ないステキな軽自動車が登場した。ホンダN-VANである。

これは「ニッポンの初代ルノー カングー」だ!

詳しくご存じの方も多いだろう。ホンダN-VANとは「はたらく人に、軽バンの新しいかたち」というキャッチコピーとともに登場したN-BOXベースの商用バン。全車4ナンバーの軽貨物車登録となるわけだが、さまざまな快適装備もそれなりに充実しているため、「はたらく人」ではない「ただ移動とかのために乗る人」にとっても、かなりステキな実用車になるのではないかと筆者はにらんでいる。

なにしろこのシンプル極まりないデザインが素晴らしすぎる。

いわゆる高級車がデコラティブ(装飾的)なデザインになるのは必然なのだろうが、最近の本邦では実用大衆車であっても妙にデコラティブなデザインが採用されている。そのため(実用品に関しては)シンプルなデザインを好む筆者は辟易していたのだが、このN-VANについては、初めて画像を見た瞬間に「こ、これはニッポンの初代ルノー カングーだ!」と叫び、狂喜乱舞した。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...