お客様がエライといった風潮をぶっ壊す、尊敬に値するデストロイヤーを見た

公開日:Posted in カーゼニ by

取材や打ち合わせ等のため、たまに御府内へ出かけることもあるが、基本的には自宅長屋と近隣の東急ストア、そして近隣の駅とを結ぶトライアングルから出ることなく暮らしている拙者ではある。しかし過日、所用ありてエアプレーンすなわち旅客機に乗り、遠出する機会があった。そして驚いた。

機長の、あまりにも横柄な機内アナウンス

無論、拙者も現代人の端くれではあるため、驚いたといっても「うわっ、鉄のカタマリが浮きよった! 怖っ! 死ぬ!」などと未開人のような驚き方をしたわけではない。驚いたのは、いわゆる機長の機内アナウンスがあまりにもあんまりというか、端的に言ってしまえば「超絶エラソーな感じ」であったことに対してだ。

お名前は失念したが、機長氏のアナウンスは以下のようなものであった。カッコ内は、彼の心の声を拙者が勝手に補足したものである。

「(めんどくせえなぁ)……え~当機はただ今XX上空を高度約2万6000フィート、速度約430ノットにて(つーかド素人にはメートル法で言わなきゃわかんねえか)、え~高度約8000m、速度は毎時800kmにて飛行中……です(あぁめんどくせえ)。なんとかかんとかが……どうしたこうしたで(……こんな無意味な儀式、エリートたる俺様にやらせんなよ、ったく。こっちは忙しいんだよ)、かくかくが、あ~しかじかで、う~、かいえきなそあのあいをいいつういおたのしいくやせ。ブチッ」

最後の「かいえきなそあのあいをいいつういおたのしいくやせ」というのは、どうやら「快適な空の旅を引き続きお楽しみください」と言いたかったようだ。

腹は立たなかった。逆に「素晴らしい!」と思った。

「客=上位」というつまらない既成概念の破壊者

普通に考えれば、機内アナウンスを聞いている拙者は「顧客」であり、アナウンスをしている機長氏は「商品を提供する側」だ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...