年収1000万円プレイヤーになればポルシェ911は買えるのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

今から12年前の話である。その日、自分はテリー伊藤さんとMJブロンディさん(清水草一さん)の共著となる書籍『間違えっぱなしのクルマ選び2006 男なら雲上CARを目指せ!』(ロコモーションパブリッシング)のベースとなる対談を収録するため、都内某所のテリーさん事務所にいた。

「金持ち」の基準は年収1億円か、それとも1000万円か?

対談が始まり、清水草一さんはテリー伊藤さんに尋ねた。「ところでテリーさん、“金持ち”と言える年収っていくら以上だとお考えですか?」

テリーさんは即答した。

「億だね。男は年収1億以上でしょう、やっぱり」

清水さんはあせった。「億」という単位にビビったわけではなく、そのハードルの上がりっぷりにあせったのだ。

清水草一さんってほら、「極端なことばっか言ってる人」というパブリックイメージがありますが、実際は「慶應高校→慶應大学→集英社の社員編集者」というカタい経歴の人ですから、バランス感覚に優れる人なんです。

清水さんは言った。「……テリーさん。それだとさすがに読者が超絶少数になってしまうので、とりあえず『年収1000万円=金持ち』ということにしませんか?」と。

それに対してテリーさんは、不服というよりは「ふーん、そうなんだ? 知らなかった。じゃあとりあえずそれで話を進めましょうか」的なリアクションを取り、対談は無事に始まった。

「金持ち」の基準を「年収1億円」としたテリー伊藤さん。それはちょっとハードル高すぎということで、「とりあえず年収1000万円」とした清水草一さん。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...