幸せになりたいなら素敵なクルマを買おう!一度しかない人生を幸せに過ごすための秘訣

公開日:Posted in カーゼニ by

今回の本稿では「幸せとは何か」という、わたくしのごとき凡才の手には余りそうな壮大系テーマを主題としたい。ただ、最終的には「素敵なクルマを買いましょう」というショボい結論になる予定なので、ある程度の楽観はしている。

わたしは「幸せへと至る方法」を見つけた(宗教ではなく)

さて。全人類にヒアリングしたわけではないので断言はできないが、「オレはなるべく不幸になりたいね」と思っている人類はいないはずだ。誰もがその人なりの幸せを求めながら、日々を生きている。

だがその「幸せになる」という一見近くにありそうなゴールが思いのほか遠く、そしてその実現がけっこうハードモードであるため、多くのホモサピエンスは苦悩しているわけだ。

自分は幸せになるための行動をしているはずなのに、一向に幸せを感じない。おかしいではないか、どうなっているのだ? と。

もちろん、東京府荏原郡の片隅で地味に暮らしているわたくしも、そのように苦悩しているひとりの凡人にすぎない。

ただ、さすがに50年も生きていると「おばあちゃんの知恵袋」ではないが、人間それなりの知恵は付いてくる。そしてその知恵を炸裂させた結果、最近の自分は「幸せへと至る方法」をおぼろげに編み出しつつはあるのだ。

今回は、そのおぼろげな方法を貴殿にお教えしよう。当世風に言うなら「シェアさせていただきます」をさせていただこう――と思うのである。

結局すべては「気分」の問題だ

幸せになる方法。それは「1日のうちで『あぁ、なんだかいい気分だなあ、生まれてきて良かったなあ」と思える瞬間瞬間の数をなるべく増やすこと」だ。

結局のところホモサピエンスは「気分」で生きている。もっと偏差値高そうな言い方をするなら「すべては認知とアルゴリズムの問題である」という感じになるのだろうが、見栄を張っても仕方ないので自分の言葉で書くこととする。結局すべては「気分」なのだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...