さよなら名機・96年式マツダ ロードスター。そして思った大切なこと

公開日:Posted in カーゼニ by

男がいて、女がいて、そして光があれば影もあるように、出会いがあれば別れがある。……自称輸入中古車評論家のくせに、なぜかスバルXVなる国産新車と電撃的な出会いを果たしたわたしは、「お別れ」をしなければならなかった。

約2年前に購入した名機・96年式マツダ ロードスターとのお別れである。

月3万円超の駐車場を「もう1枠」はさすがに少々厳しい

や、わたしがもしも年収で2000万円も3000万円も稼いでいるようなお大尽であったなら、XVが来るからといってロードスターを手放す必要はない。「2台体勢」を敷けば良いだけの話である。もしくは、月極駐車場代の相場が5000円とか1万円とかのエリアに住まっている場合も同様だ。

しかしあいにく下請け奴隷労働者たるわたしの年収が2000万円も3000万円もあるはずがなく、それでいて、ここいらの月極駐車場相場はおおむね3万円超である。

別れるほかなかったのだ。

や、よくわからないが怖い顔した何者かに「本当にオマエは月々プラス3万円が払えないっつーのか? エッ?」と詰められたなら、「や……払えないこともないはないです」と小さな声で答えるだろう。実際、そのとおりだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...