カネはなくとも「元・世界最高峰」が手に入る素晴らしき世界があるのを知っているか

公開日:Posted in カーゼニ by

まったく計算が合わずに苦悶している。何の話かといえば、以前も当欄で触れたことがあると思うが、我が碑文谷村付近で沸き起こっている戸建て住宅の建築ラッシュに関してだ。

このご時世に、なぜ1億円超の戸建てが乱立するのだ?

わたしの認識によれば2018年、世の中の過半の人間は長らく続く不景気に起因する貧困に苦しみ、白米にイモを混ぜた代用食を食う、非正規雇用ゆえの諸問題に思い悩む、国会前でデモを行うなどしているはず。

無論わたしもそのひとりだ。デモは興味がないためいっさい参加しないが、白米に缶詰の大豆を混ぜてかさ増しした代用食を食べながら、この原稿を書いている。

統計データも世の中の貧困傾向を裏付けている。やや古い数字で恐縮だが、平成26年の民間給与実態統計調査結果によれば、全給与所得者に対する年収1000万円以上の者の割合は男女計でわずか4.1%。ボリュームゾーンは300万~400万円台といったところだ。年収300万~400万円台は貧困層とは呼べないが、決して裕福な暮らし向きではないことは説明するまでもないだろう。

それなのに、我が村は大小さまざまな戸建て住宅の建築ラッシュで湧いている。……これはいったいどういうことなのだ?

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...