国産新車の見積もりで実感した「意外な高額さと不思議な安さ」のカラクリとは?

公開日:Posted in カーゼニ by

「新車」と名が付くものは16歳のときのホンダCBR400F以外は買ったことがなく、以降の人生は常にさすらいの中古マンとして生きてきた。しかしこのたび、某媒体の仕事でスバルのエンジニア氏にスバル360の話を聞いていたら、なぜか知らねどスバルXVの新車が強烈に欲しくなってしまった。このあたりの心のメカニズムは我ながらまったくもって謎である。

いずれにせよXVが欲しくてたまらなくなった拙者は富士重工……じゃなかったスバルの公式サイトを開き、「見積もりシミュレーション」をしてこました。そこで吾輩が今さらながらに知ったのは、国産新車というモノの意外なほどの高額さと、それと同時にある「摩訶不思議な安さ」であった。

総額280万円ぐらいかと思ったら、さ、さんびゃくごじゅうまん?

まぁ貴殿は赤の他人のクルマ選びになど興味ないと思うので詳細は端折るが、件のエンジニア氏との話のなかで「あなた(筆者)にオススメのグレード」として挙がったXVは、2.0Lエンジンを積む2種類のグレードのなかでは下のやつ、デカい18インチではなく17インチのホイールを装着する「2.0i-L EyeSight」だった。で、それの車両本体価格は税込み248万4000円である。

「……新車のことはよくわからんのですが、乗り出し価格は280万円ぐらいですかね?」

なんとなくの当てずっぽうで吾輩は聞いた。するとエンジニア氏は答えた。

「まぁだいたいそんなモンでしょう」

メーカーの幹部社員がそう言うのだから、間違いないのだろう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...