国産車全般にどうしても我慢ならない点。多くの国産車の「オーディオレス仕様」について

公開日:Posted in カーゼニ by

輸入車党が多そうなCL CARS読者諸兄はあまり興味ないクルマかもしれないが、新開発の軽量高剛性プラットフォームを採用している、なかなか素晴らしいコンパクトハイトワゴンだ。

ある媒体で「ソリオの乗り味は初代カングーのそれに似ている!」と看破したら一部の読者からコメント欄で全否定を食らったが、自分はこの意見に自信を持っている。ソリオはカングーなのだ。

だが、フロントおよびリアのギラギラグリルがどうにもいけない。

初代カングーにも通じる部分がある素晴らしい大衆実用車なのに、なぜわざわざギンギラギンのグリル類を付けて、自らを「偉そう」「高そう」に見せたがるのだ? あんなことをしたって逆に安っぽくなるだけではないか。なかなか悪くない感じの和室6畳間に安手のシャンデリアを付けるがごとき愚行である。

非常にもったいない。あれさえなければ、わたしが言う「ソリオは初代カングーである」という意見ももっと受け入れられるはずなのだが。いや、わたしのことなどどうでもいい。あれさえなければソリオはもっとカッコいい大衆実用車になれるはずなのに、そうなっていないのが口惜しいのである。

たまたまわたしが愛するソリオを例に挙げさせていただいたが、事はソリオだけではない。三菱エクリプスクロスとかもすべて同じだ。いいクルマなのに、本当にもったいない。

2. 「オーディオレス仕様」って、さすがにもうやめてくれないか?

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...