新型XVに乗って分かった、今の時代ならではのドライビングプレジャーとは

公開日:Posted in カーゼニ by

過日の11月20日に納車となった、中古車評論家たる小生にとって初めての新車、スバルXV 2.0。新たに採用されたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)については、どうやら今のところ世の中ほぼ満場一致で「素晴らしい!」という評価になっているようだ。

しかし過給器なしの2L水平対向エンジンや、流行りの多段ステップATではないリニアトロニック(金属チェーンを使ったスバル独自のCVT)については「惜しい!」とか「残念!」とか、場合によっては直截に「イマイチ!」などという厳しい意見も一部評論家筋からは聞こえてくる。

問題は「何と比較してそう思うのか?」ということ

これについて前回小生は、「時代の空気が変わったこと」と「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が普及したこと」で、主に高速道路上の平均速度が下がっていること(※筆者独自調べ)を根拠に、「2L自然吸気エンジンもリニアトロニックも何ら問題なし!」と結論づけた。

しかし前回は「結論づけただけ」で終わってしまったため、今回はより詳細にその根拠らしきものを、実際のXVユーザーとしての視点で述べていきたい。

1.6L版については失礼ながら割愛させていただくが、新型XVの2L自然吸気エンジン+リニアトロニックという組み合わせに対する批判(というか「惜しい」との声)の内容は、主に下記の2点に集約される。

1. 簡単に言ってやや非力である。もうちょいパワーおよびトルクが欲しい。
2. CVTのせいで加速のリニア感が乏しいため、あまり楽しくない。

人によって言い方や強度はさまざまだが、「要するに言いたいこと」は上記2点であるはずだ。

これについては「で、何をもってそう感じるのか?」と考えることが重要であろう。

まずは「他のクルマと比較して」というのが考えられるわけだが、これはもう言い出したらキリがない話である。

新型XVが採用している2L自然吸気エンジン+CVTというパワートレインも、ノンターボの旧世代軽自動車から乗り替えた人は「超絶パワフルで反応も素早い!」と感じるだろうし、300ps超級の多段AT車に乗っている人からすれば「このクルマはかったるくていけねえな……」と感じることだろう。

それゆえ、ここは語ってもあまり意味のない部分である。

唯一言えるのは「2L級のクルマとしては別にぜんぜん非力じゃないです」ということだ。普通か、むしろ普通以上に用を足しますよ。ちなみにそう感じる小生は別に旧式のノンターボ軽自動車に乗っていたわけではなく、ルノー メガーヌRSやランチア デルタ インテグラーレEVO.II、ポルシェ911カレラ2等々をこれまで愛用してきた人間であるということを、いちおう申し添えておく。

過去の文脈で考えるなら、XVは確かにかったるい部分もある

結局のところ、「これまでの自動車趣味カルチャーの文脈にのっとって考えるならば、新型XVの2L自然吸気+CVTはイマイチ楽しくなくて、ちょっとかったるい」ということが言われているのだと、小生は理解している。

これはある意味そのとおりだ。

前述のとおり小生も6MTのメガーヌ ルノー・スポール等々に乗って、どちらかと言えば「うおおおおおおおおお!」というニュアンスで走っていた昭和生まれの中高年なので、それそのままの感覚と価値観でXV2.0のことを評価するならば、結論は多くの評論家諸氏とほぼ同じになる。すなわち「SGPは本当に素晴らしい。しかしエンジンはできれば1.6Lか2Lのターボが欲しかったし、CVTではなく多段ステップATにしてほしかった」と。

しかし今、小生は基本的にはそう思っておらず、自然吸気2L+リニアトロニックという組み合わせにほぼほぼ満足している。

なぜならば、冒頭で申し上げた「時代の空気が変わったこと」と「ACCが普及したこと」によって路上の文脈はすでに大きく変わっているからだ。そしてそれと同時に、というか連動して、「自動車趣味カルチャーの文脈」も変わるべきだと考えているからだ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...