国産車のデザインに物申す!国産車びいきへの転向を経ても捨てきれぬ「美しいモノを渇望するマインド」

公開日:Posted in カーゼニ by

聞くところによれば、HDD式のPCすなわちパーソナルコンピュータというのは5年も使っているとたいてい不調になるものらしい。だがわたしのそれ、すなわちPanasonic Let’s note CF-S9なるHDD式ノートPCは、かれこれ7年間も使い続けている。

それをもって「うむ、さすがは松下電器産業よのう」などと浮かれていたのだが、さすがに7年は長すぎたようで、このところ不調に陥る日も増えてきた。それがためにわたしは近々、自前のノートPCを買い替えるつもりだ。次期マシンはアップル社のMacBook Airになる予定である。

10年前、毛嫌いしていたWindowsを使い始めると…

ここ10年ほどはひたすらWindowsマシンを使ってきたわたしではあるが、もともとはいわゆるマカーすなわちMacintoshユーザーだった。

比較的若かったわたしはマイクロソフト社の押し付けがましい世界征服姿勢と汚らしいグラフィックに反感を覚え、逆にMacintoshのすべてにわたる美しさとパンクスピリットにシンパシーを感じ、ひたすらアップル社製のそれを買い続けたのだ。

直近のシェアは知らないが、当時Macintoshユーザーは明らかに少数派だったため、ソフトウェアは高く少なく、何かと難儀はした。だが「うるせえ!だからといってオレはWindowsなんか死んでも使わねえぞ!」とパンクスピリットを炸裂させながら、クラシックOS世代のMacintoshを使い続けた。

だが今から10年ほど前。やむにやまれぬ理由により、にっくきWindowsマシンを毎日使わねばならない状況が生まれてしまった。

わたしは銀色のダサい形をしたLet’s note(某社の支給品)を前に、まるで性悪な伯父の策略によって親の仇と政略結婚するハメになった花嫁のような顔つきと手つきで、その起動ボタンを押した。そして、しばし使い続けてみた。

……ん? なんかコレ、素晴らしい気がする。

わたしはそう思いはじめた。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...