「車両本体価格」だけを基準にクルマの値段を論じるのはユーザーのためにはならない

公開日:Posted in カーゼニ by

長らく「輸入中古車評論家」なる看板を掲げて売文稼業をしてきた自分だが、ここ最近は国産新車方面の稼業も少々やらせていただいている。それどころか、気づいてみれば現在の自家用車はスバルXVで、その前はマツダの初代ロードスター。「クルマはやっぱ輸入車に限るぜ」みたいなこだわりは、自分のなかで今やほぼ消滅している。

それはいいのだが、しかし正直「国産車ってのは意外と高いなあ」とは思っている。

カローラスポーツも総額はなんだかんだで300万円弱に

過日、CLCARSとは別の媒体でトヨタ カローラ スポーツの試乗記を書かせていただいたのだが、書きながら、価格を調べていて少々驚いた。

カローラなのに総額300万円近くになるではないか。

自分が試乗記の題材として取り上げたカロスポは、お高いハイブリッド版ではなく、比較的お手頃な1.2Lガソリンターボの「G」というやつ。車両本体価格は222万4800で、つまり「だいたい220万円」ということだ。

「220万円? まあまあお安いやんけ!」と一瞬喜んだ自分だったが、クルマというのは当然ながら車両本体価格だけでは買えず、さまざまな諸費用もかかる。そして新車の場合は「オプション装備」ってやつもそれなりに必要となるものだ。

自分はトヨタ公式サイトのコンフィギュレーターにて、見積もりシミュレーションを開始してこました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...