自家用車の平均速度が低下してきている?この変化の2つの要因とは

公開日:Posted in カーゼニ by

「変化」というのは、それを毎日見てているとなかなか気づかなかったりもする。しかし何かが確実な変化を遂げている限り、いつかはどこかのタイミングで「あ、そういえば変わったな……」と気づかされるものだ。

ここ最近、不肖筆者が遅まきながらというか恥ずかしながらというか、とにかく気づいたのが「高速道路および空いている一般幹線道路における、自家用車の平均速度の低下」だ。

最近は97%ぐらいのドライバーが法定速度を守っている?

や、平均速度の低下といってもスピードガンなどで測ってエクセルで集計しているわけではないので、あくまで感覚的なものである。また最近に限らず以前から、法定速度ないしはそれに毛が生えた程度の速度で、紳士淑女的に運転するドライバーのほうが圧倒的に多かっただろう。

しかし数年前までは「うおおおおおおおお!」とばかりに公道を馬鹿げた速度で疾走したり、比較的混雑した3車線の高速道路を、右へ左へと縫うように前車たちを追い越していくクルマの数も、それなりに多かったはずだ。

しかし最近では(これまた感覚的な数字に過ぎないが)97%ぐらいのドライバーは、例えば高速道路を基本的には100km/h前後のスピードでトコトコ巡航しているように見える。もちろん筆者も、今ではそんなトコトコ系の1人だ。

そして今も残る3%はどんなクルマかと言えば、

・一部の高性能ドイツ車や一部の国産Lサイズミニバンのオラオラ運転
・一部の国産ハイブリッドカーの爆走ドライブ
・一部商用トラックの特攻運転

といった感じだろうか。そしてそれら3%は、以前からもちろんそうではあったのだが、最近では特に「アタマが悪そうに見える」ようになったと感じている。

この変化(と筆者が感じているもの)の奥底にあるのは、主に2つの要因だろう。

「社会の気分」と「機材の刷新」が平均速度を低下させた

要因のひとつは「社会的共同メンタリティーの変化」だ。

まぁ「社会的共同メンタリティー」なんつー言葉は筆者の勝手な造語で、学問的にはそんな単語は存在していないはずだが、言わんとするニュアンスはおわかりいただけると思う。要するに現時点の社会を構成している人員の総意というか、総意に近い、表層意識と潜在意識の中間ぐらいの場所にぼんやりと存在している、ある程度のコンセンサスである。

そのコンセンサスが今、「公道でいちいち飛ばす奴は馬鹿」と言ってるのだ。

そして人は誰しも、面と向かって馬鹿呼ばわりされたり、あるいは心情内であっても他者からそのように認知されるのは避けたい生き物だ。それゆえ、現時点のドライバーの97%ぐらいは「まぁ飛ばすのもアレだし、100km/hぐらいでのんびり行きますか」と高速道路上にて、意識的にも無意識的にも思うのだ。

もうひとつの要因は、言わずと知れた「アダプティブ・クルーズ・コントロール」の普及だろう。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(以下、ACC)の本邦での普及率がどのくらいなのかは知らない。しかし「比較的高価で高級・高性能な、新しい世代の輸入車および国産車」に限ったうえでのその数字は、おそらくなかなかのモノになるはずだ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...