「中の上のリーマン」なら現行ベンツC200アバンギャルドのローン購入も楽勝なのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

筆者がこれまでの人生で知り得た限りでは、この世の中は1割の金持ちと2割の小金持ち、そして4割の普通人と3割の貧乏人で出来ている。要するに、そこらを歩いている10人のうち7人のフトコロ具合は「普通」または「貧乏」なのだ。

なのに、なぜか街には最新世代の高額輸入車(現行のベンツCとかBMW3とか)があふれかえっている。

13C1152_06

「……この現象はいったい何なんだ?」ということで人々の年収と自家用車の関係に強い興味を抱いた筆者は、その研究というか検証を開始した。といっても人様のフトコロ具合を正確に知ることなどできないので、あくまで自身のことを振り返り、そしてそれをベースに少々の推測をしてみるだけなのだが。

で、初回はわたくしの現職である「フリーの自動車ライター」について検証し、2回目は前職である「中小出版社社員」について考えた。そして今回は、前々職である「いわゆる普通の会社員」について考えてみたい。

まずは何をもって「普通の会社員」とするかがそもそも難しい。平均年収1358万円となる三菱商事の社員も言ってみればフツーのリーマンであり、平均年収273万円の専門商社、株式会社ニッコリ商事(架空)の社員だって「普通の会社員」であることには変わりない。

難しいときは、自分自身の具体例をベースに考えてみるのがいちばんだ。もしもわたくしが、新卒で入った会社(某多国籍企業の日本法人)を25歳ぐらいのときにドロップアウトせず今も勤務していたら、現在の年収はいかほどだったのだろうか?

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

……これまた正確な金額を出すのは難しい。なぜならば、もう辞めちゃてる部外者ですから、すべての話は「仮定」と「想像」に基づかざるを得ないわけです。しかし世の中にはネットという便利なモノがあるため、口コミベースによるその企業の「現在の年収事例」を知ることはできた。信憑性はさておき、その数字は以下のとおりだった。

26歳:550万円
30歳:700万円
34歳:900万円
41歳:1100万円

……この口コミの信憑性は高いのかもしれない。なぜならば、わたくしが退職した25歳ぐらいのときの年収がだいたい550万円だったからだ。ほぼ合ってる……。

職制による年収事例は以下のとおりとのこと。

アシスタント:500万~600万円
アシスタントマネージャー:600万~700万円
マネージャー:800万~1200万円

……これも合ってる。当時のアシスタントマネージャーやマネージャーに居酒屋で聞いた年収は、だいたいこんな感じだった。

となると、この情報をベースに推測する「もしも普通の会社員を40代後半の今日まで続けていた場合」のわたくしの年収は、おそらく以下のとおりだ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...