飛び石にも事故にもあったことがない人間に保険は必要なのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

過去10年間ほどは個人事業主として仕事をしてきた自分だが、昨年の途中にいわゆる法人成りをしてこました。法人成りをしていちばん良かったと思っているのは、実は「悪夢のような国民健康保険」とオサラバできたことだ。

保険料は払ってるが、その恩恵を受けた記憶がない

自分は残念なことに馬鹿者であるため、風邪はめったにひかない。そして身体のその他各部も、おめでたい性格ゆえだろうか、すこぶる健康だ。そのため医術の世話になる機会といえばせいぜい年に数回、歯医者さんに行くぐらいである。

しかしそれでも国民健康保険料は嘘のように高額だった。

会社員の方はその健康保険料の半分を会社側が負担しているため、あまり高いとは感じていないのかもしれない。しかし自分のような与太者は全額を己で払うほかない。そして月々のその支払額は、軽く絶句するほどの金額だったのだ。

だがこのたび法人成りしていわゆる社会保険に加入し、そしてセコい節税術なども駆使しまくる結果、来季(つーか今季か)の健康保険料は、それなりの大幅ダウンを記録する予定なのだ。あーよかった。

しかしアレだ、自分はそもそも「保険全般」に対して憤懣やるかたない気持ちを抱いている。

だってさ、前述のとおり自分は馬鹿者なので風邪もこの3年か4年ひいてないし、内臓も(今のところ)ノープロブレムだし、喧嘩もしないから拳を痛めることもないし。自動車に関してもウルトラスーパー安全運転車なので、交通事故なんか生まれてこのかた1回も起こしたことがないし、もらったこともない。

それなのに、前述の健康保険に加えて生命保険に入院保険、がん保険、クルマの自賠責保険に任意保険、草野球用の団体スポーツ障害保険……と、保険業界に結構なゼニを払っている。

がしかし、その恩恵を受けたことは(ゼロとは言わないが)あんまりない。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...